甘党

P1000959.JPG

私はかなりの甘党です。先週、お寺さんからタルトケーキの
美味しいお店を教えていただきました。

洋梨ベースの甘さ控えめなのがまた良いんです。2001年
には三笠宮様に献上された品だそうです。

天王寺区生玉神社前にある『タルトメッセ』、是非一度ご賞味
下さい。
2010年06月30日 | Comment(0) | 日記

精進上げ

R0011122.JPG

精進料理とは、仏式で言えば肉や魚などを殺生しては
いけないと煮物や穀物、野菜などをいただいたといわれて
いるそうですが、近年では葬儀終了後に親族やお手伝いして
いただいた方への“お礼”になっています。

この『ありがとうございました』という意味も込めて
今は肉や魚も入っているのかもしれません。

ランクによってはフルコースみたいな食事もあります。
2010年06月23日 | Comment(0) | 葬儀豆知識

ありがたい言葉 (その54)

CA391056.JPG

お寺さんの門前に書いている言葉です。

皆さんの“財産”って何ですか?

お金かもしれないし、家族かもしれません。または、
友人や恋人かもしれません。

人それぞれ価値観が違いますが、私には財産は幸福を
もたらしてくれていると思います。

これからも大切にしたいと思います。
2010年06月18日 | Comment(0) | 日記

舞台観賞

CA391055.JPG

先週、舞台の『おくりびと』を観に行って来ました。
映画の話から7年後という設定でどのような展開を
するのかワクワクしながら観ていたんですが、これが
私たちの期待を裏切る!?スゴイ展開で私たちやまわりの
方々もハンカチ無しではみられない素晴らしい内容でした。

私なんかは自分に置き換えていろいろ考えさせられました。
あっという間の2時間30分で、皆さん口々に『良かったぁ〜』
という声が聞こえてきました。

チケットを下さった同業者の親方さん、この場をお借り
いたしましてお礼申し上げます。ありがとうございました。
2010年06月15日 | Comment(0) | 日記

喪主のあいさつ(その2)


お葬式のクライマックス、喪主さんのあいさつが
あります。関西では代弁が多いですが、やはり喪主さんの
挨拶にはその情景が思い出され、やはり感動的な場面です。

今回の喪主さんはまだ60歳半ばのお父さんを亡くし、
お父さんとの思い出をお話しておられました。

『いつも100点取って親父に喜んでもらおうと思ってた
幼少期、大きくなるに連れて会話は減ってきました。このように
この世から親父がいなくなり最後の大仕事がこのお葬式です。
「親父、今日の葬式何点や!」と天に向かって話しかける
喪主さん。何にも言わないんでたぶん100点やと思います。
小さいときからあまり褒めてもらったことないけど、今日は
喜んでくれてると思います。』という内容でした。

私も親に100点取れるような立派な人間にはなってませんが、
平均点だけはとれるようにと考えています。
心に残る挨拶の言葉でした。




2010年06月11日 | Comment(0) | 日記

式典への心構え

CA391040.JPG

お葬式の前のピーンと張り詰めた空気の中、
私たちは厳粛な式典を進行させていきます。

なんともいえない緊張感の中、荘厳なるお寺さんの
鐘の音とともに進んでいきます。

毎回同じことのようにしている式典ですがやはり少しずつ
違います。その空気を読みながら施主さんとの距離を
引っ付かず離れずを保ち、心のこもった葬儀をめざして
います。
2010年06月08日 | Comment(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。