素朴な疑問 納骨編

R0010450.JPG

この間、納骨についての問い合わせがありました。
「お骨は骨箱ごと入れるのかどうか?」という内容でした。
案外、お骨の入れ方ってどうするの?という人多いみたいです。

私の知っている知識でいいますと(地方によって異なりますが)、
お骨はそのままお墓へは入れずに、骨箱・骨壷から
出して、さらしや布の上に置き土に戻るようにと骨だけを
お墓に入れるのが一般的です。

ですから、納骨する場合は前もって墓地管理事務所や墓石屋さんに
連絡し、お骨の入り口の石を外してもらうのが(セメント等で固定
している場合あり)ベターだと思います。

お墓参りに行った時に、納骨場所を確認しておくのも
いいことでしょう。

最近は、一心寺や四天王寺で納骨する場合、『分骨証明書』が
必ず必要ですので、斎場で一通250円にて発行してくれます
のでお忘れなく書類を頂いてください。
2008年03月27日 | Comment(0) | 葬儀豆知識

黒幕

R00100991.JPG

玄関、入り口などに「忌中」(きちゅう)と書いた札を
揚げ、ご家族は死の穢れ(けがれ)に染まっているため
こもっていることを知らせる意味合いがあり、そこから
”黒幕”や”忌紙(きちがみ)”を飾る習慣がついた
みたいです。

最近は黒幕を使わずに家紋入り水引きや色物の水引きを
使用して飾り幕の一種になっているケースもあります。
2008年03月25日 | Comment(0) | 葬儀豆知識

ありがたい言葉 (その5)

R0010180.JPG

お寺さんの門前に書いている言葉です。

普段日常で起こっている事は調味料みたいなものでしょうか。
喜びという”甘い”糖分系ばかりでもいけないし、
悲しみという”しょっぱい”塩分系ばかりでもなく、
『さじ加減』が必要ということでしょう。

自分に合った好みの味付けをして一生という
「フルコース」を堪能したいものです。
2008年03月23日 | Comment(0) | 日記

行楽日和 その2

R0010365.JPG

プロ野球(パリーグ)も開幕し、春の高校野球も
始まりますが、私は欽ちゃん率いる『茨城ゴールデン
ゴールズ』対ラジオでお馴染みの道上洋三率いる
『ABCドジョーズ』の”夢野球”を観に行って来ました。

一番印象に残ったのは、紅一点の「片岡安祐美選手」の
華麗なるフットワーク。生で観るまではマスコット的な
イメージが強かったけどいやいや・・・男勝りの素晴らしい
プレーヤーでした。感激、感激。

ちなみにこの野球は道上さんのラジオパーソナリティー
31周年記念試合で若い方からお年寄りまで幅広い
ファンに支えられ大いに盛り上がりました。

私のブログも31年とはいいませんが、一日でも長く続ける
ことが出来るように頑張りたいと思います。これからも
末永くお付き合いして頂けるようによろしくお願いします。




2008年03月21日 | Comment(0) | 日記

私の好きなフレーズ

R0010315.JPG

お彼岸の彼岸で思い出しましたが、司会者の方の
最後のお旅立ちに使う言葉です。

「現世この地此岸より、来世彼岸へのお旅立ちの扉を
お閉め申し上げます。合掌。」

私はこの一節が好きです。

この世とあの世の境界線は御霊柩車の扉かもしれません。
2008年03月19日 | Comment(0) | 日記

行楽日和 その1

R0010218.JPG

本日は少し仕事のことも忘れ、名所巡りではありませんが、
伝統ある”天王寺動物園”へ行って来ました。

象やキリン、虎やライオンとたくさんの動物たちが自然の
中で楽しそうに過ごしていました。

私たちも一日一日が平和に楽しく過ごせますます様に。
2008年03月17日 | Comment(0) | 日記

お彼岸

もうすぐお彼岸ですが、彼岸とは仏様の世界(彼岸)
をさします。ちなみにこちら側を此岸(しがん)と
いいます。

お彼岸の期間は、「春日の日」を真ん中にして前後3日間の
7日間です。

この彼岸とは”六波羅蜜”という6つを得るための修行と
いわれています。

布施 ふせ (他人のためになるものを惜しみなく差し出すこと)
持戒 じかい (生き物を殺さないこと)
忍辱 にんにく (侮辱されても憎まず耐えること)
精進 しょうじん (常に努力し善い行いをすること)
禅定 ぜんじょう (常に心を落ち着けありのままを見ること)
智慧 ちえ (仏の知恵を身につけ心を清らかにすること)

何よりもご先祖を大切にし、お墓参りに行きましょう。

2008年03月14日 | Comment(0) | 葬儀豆知識

お世話になった食堂

R0010317.JPG

長年にわたって私たちの食を満たしていただいた
生野区中川の”南海食堂”さんが本日12日をもって
お店を閉めることになったそうです。

鶴橋斎場(閉鎖)近くでここの斎場を利用した方は
知っている方も多いと思われる49年の歴史をもつ食堂。

下町の食堂で棚から好きなおかずをとり、
「これチンして!」「俺、ご飯大と味噌汁!」
といった会話があちらこちらから聞こえ、お昼の
憩いの場所でした。

このような大衆食堂もだんだん少なくなっていき寂しい
限りです。南海さん、お世話になり本当にありがとう
ございました。

2008年03月12日 | Comment(0) | 日記

ティアドロップ

お葬式で一番涙を誘われる場面が最後のお別れの
時です。故人様にお花を手向け、生前の愛用品を
近親の方々が一つずつ思いを込めて入れられる姿に
胸を打たれます。

昨日のお葬式でもお父さんに対し、帽子や洋服、
お弁当代わりの一膳ご飯、お酒におつまみ・・・
お花の上からお酒をかけ「天国に行ってもたくさん
飲みや〜」と涙が頬を伝っていく長男さんの横顔が
幼少の頃からの想い出が走馬灯のように思い出されて
いるようでした。

最後に長女さんが「この手拭いを一番上に掛けさせて
下さい」と言い御兄弟みんなで胸元にそっとおかれました。
その手拭いにはこう書いてありました。
『あなたは私達にとって大切な人です』。


2008年03月10日 | Comment(0) | 日記

ありがたい言葉 (その4)

R0010177.JPG

お寺さんの門前に書いている言葉です。

「人のために何かをしなさい」ということでしょうか。
まわりの方にいいことをしていると、自分にも良い事が
あるのでしょう。簡単なようでなかなかマネ出来ないです。

私はまだ人間が出来ていないので、自分のことを
真っ先にしてしまいます。反省。
2008年03月07日 | Comment(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。